✨アーユルヴェーダでコロナ予防vol.2✨ねねやさんオススメ✨コロナケア✨コロナ対策✨

前回は、
アーユルヴェーダでできる
コロナ予防❣️コロナケアのvol.1
を書きました。

今回はその続きです。

教えてくれたのは、
わたしが長男くんを出産した
Beborn助産院で栄養士を務める
高橋美香さん。

ねねやで活動されている、
アーユルヴェーダの先生です。

 

前回は、舌のお掃除と
オイルで口うがいでした。

つづいてやるのが、

スポンサーリンク

鼻にオイル(ナスヤ)

ナスヤとは、簡単にいうと
鼻にオイルを入れることで
アーマ(毒)をだし、
整える方法です。

 

綿棒にオイルをつけて、
鼻の穴に入れます。

やさしく鼻の粘膜に
オイルをつけていきます。

このときもセサミオイル
(太白ごま油でオッケー)
で大丈夫です。

本格的にやりたい方は、
ナスヤ専用のアヌタイラという
オイルでやっても⭕️。

 

簡単な方法ですが、
ナスヤで、喉の痛み、頭痛、花粉症、
眼の疲れや首の凝りなど
首から上の不調全てに効果的なんですって❣️

鼻からオイルや鼻水など
降りてきたら、
吐き出してデトックスしてね〜。

鼻のお話で、
とっても興味深いお話が
ありました。

 発生学に触れられていて、

「鼻は脳の入り口」
なんだそうです。

細胞分裂して、
赤ちゃんが作られていくとき

腸ができて、その次に
脳ができる、そのあと伸びて
鼻になる。

だから、鼻は脳の入り口。

脳と鼻は密接に
繋がっているんですね。

なので、鼻が詰まっていると
脳にうまく情報が
行き渡らないそうです。

鼻を通すと
お勉強もぐんぐん
出来るようになるんだとか❣️????

 

発生学の観点から見ると
色々納得ですね✨

白湯(さゆ)を飲む

次に、白湯(さゆ)です。

美容に気をつけている方、
腸活してるみなさまには
おなじみですよね。

 

朝起きて、
初めて口にするものは
白湯が⭕️。

 

しばらく沸かす、
っていうのがポイントです。
(5分ほどで十分だそうです)

熱いのをすすりながら飲む。

保温ポットなどに入れて、
一日700cc~1000cc程度
7回から10回100cc程度を
飲むのがベター。

 

身体が潤います❤️

 

白湯を沸かしている間に、
朝のルーティン
(舌のお掃除、顔洗い、歯磨き、
目洗い、鼻にオイル)を
やっちゃうのがオススメ✨

 

ここで注意⚠️
沸かし直したお湯は
毒になるそうです〜????

知らなかった〜❗️

わたし、よく
沸かし直していたわ????

 

これからは気をつけよう。

湯冷ましは
大丈夫だそうです。

 

ギーをとる

ギーは、アーユルヴェーダのケアで
よく使われるオイルで、

牛乳や水牛の乳を加熱して、
純粋物を取り除いたものです。

 

ギーは、免疫力を高めます。

バターがわりに
お料理に使ったり、

トーストしたパンに塗ったりして
ちょこちょこ取り入れると
いいですね。

ギーの作り方

作り方など、
YouTubeなどにあります。

やっぱり手作りが美味しい❤️んですが、
作るのめんどくさい人は、
購入もできます。

バターコーヒーにも
使えて便利ですね。

 

 

vol.3 ✨に続きますね〜〜〜✨