✨勝手に数秘みちゃいましたvol.6✨トランプvsバイデン✨????????大統領選挙✨こんなキャラ❓

カバラ数秘術
スポンサーリンク

今回の
✨勝手に数秘みちゃいました✨は、

ただいまとってもタイムリーな話題、
アメリカ大統領選挙戦について。

 

 

トランプvsバイデン????????。

 

 

数秘から読み取れる
2人のパーソナリティー、

 

そして
2人の今年の運勢などを

 

 

数秘で見てみると
こんなことが見えてくる。。

 

 

そんなところに
触れていきたいと思います。

 

 

数を通して見えてくることを

なるべく客観的に
書いてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ドナルド・トランプ
  (Donald John Trump)

ドナルド・トランプ(Wikipedia)✨

ドナルド・トランプ - Wikipedia

 

生年月日1946年6月14日

✨誕生数 4

誕生数は、生まれ持った才能や資質、
傾向などを表すと言われます。

 

「4」のキーワードは、

建設的、勤勉、努力家、伝統、安定、物質、有能、現実的、正義感、率直、世話役、忠実、保守的

 

ナンバー4の詳しい記事はこちら✨

 

「4」は、着実に着実に、目標に向かって登りつめていく、そんなイメージの数字です。

揺るぎない自己、基盤をもち、それをどんどん強化していく人。

 

 

パワーがあっても、それを継続できなければ、夢を形にはできません。それをよくわかっているのが「4」の人。まさに夢を形にする具現化マスターです。

 

 

「不動産王」と呼ばれるトランプさん。

 

「4」は、土地とのご縁が強いので、
とても納得ですね。

 

トランプさん、過去に何度も
多額の負債を抱え、破産寸前まで
経験しているようですが、

その度に復活を果たしています。

 

不屈の精神で蘇る姿は、

「4」の揺るぎない底力を
感じさせます。

 

 

また、伝統的なもや、
あるべき姿にこだわるところも、
とっても「4」らしいかなと思います。

 

「アメリカファースト」という考えも、とってもシンプルな、トラディショナルに基づいた思考なのだと感じます。

 

そして、こうと決めたら譲らない、
確固たる正義感。

 

 

彼なりの最大の「善」
なんでしょうね。

 

 

とっても攻めているようで、根本は保守的。
ここもまた「4」を感じます。

 

 

トランプさんて✨こんな方

トランプさんの誕生日と名前から
導き出される数字の数々をみていくと、

トランプさんって、
こんなキャラかなと思います。⏬

 

誕生数に「4」をお持ちの
トランプさんですが、

お名前や生まれ日をみていくと、
とっても「5」が強いキャラですね。

 

 

「5」は自由と冒険を好み、
目標に早くたどり着きたいタイプ。

 

コロナ感染後の復活(勝手に復帰?)も
めっぽう早かったですよね。(笑)

 

 

しかも、生まれ日の「14」は、
カルマナンバーと言われる数字で
「5」の性質が強く現れます。

 

 

常に刺激を求めていて、変わり者。
そして、負けず嫌い。

 

 

エンターテイメントの世界や、
大衆を魅了することにも幸せを感じます。

 

 

カリスマ的でセクシー、
そして衝動的。

 

 

3度も結婚して、浮き名を流したトランプさんにぴったりすぎるくらいですね。(笑)

 

 

気まぐれだけれど、順応性があり
広報活動にも長けているので、
Twitterのお騒がせ発言なども納得です。

 

 

この「4」と「5」の鬩ぎ合いが面白くもあり、衝動的なのに安全思考という、ちぐはぐさを生み出しています。

 

 

さらにハート数に「7」を持っているので、変わり者感に拍車がかかります。(笑)

 

 

独特な賢さがあり、
変わった形で社会に貢献する人です。

 

 

ジョー・バイデン
  (Joseph Robinette Biden, Jr.)

ジョー・バイデン(Wikipedia)✨

ジョー・バイデン - Wikipedia

 

生年月日1942年11月20日

✨誕生数 2

誕生数は、生まれ持った才能や資質、
傾向などを表すと言われます。

 

「2」のキーワードは、

パートナーシップ、優しさ、サポート、ゆらぎ、芸術家肌、調和、繋ぐ、思いやり、受動的、博愛

 

ナンバー2の詳しい記事はこちら✨

 

 

「2」は、 サポートすることが得意で、人の話に親身に耳を傾けます。人を癒す能力の持ち主で、愛されます。

 

物事を観察する力に長けていて、分析力もすごいです。
細やかなことに気がつき、周囲の幸せのために力を惜しみません。

 

柔らかな物腰で、どちらかというと保守的で穏やかさがあります。

 

 

バイデンさんは、黒人の人種差別問題や移民問題の緩和、すべての人に行き渡る保険制度や教育など、トランプさんとは真逆の考えを訴えていますが、

 

 

これも、細やかなところまでケアが行き届き、平等で博愛主義の「2」ならではだと感じます。

 

 

経済も大事だけど、心のケアも大事、そんな風に言われている気がして、またまた「2」を存分に感じてしまいます。

 

サポート能力全開の「2」。副大統領として、オバマさんをサポートしてきた経歴をもつバイデンさん。これも、本当にやりがいがあっただろうなと察します。

 

 

バイデンさんって✨こんな方

バイデンさんの誕生日と名前から
導き出される数字の数々をみていくと、

バイデンさんって、
こんなキャラかなと思います。⏬

 

 

結構誰にでも好かれる、
物腰の柔らかいおじさま。????

攻撃的なことは基本嫌いで、保守的。

 

 

誕生数に「2」をお持ちですが、さらに、生まれ日も20で、「2」のブループなので、この優しく柔らかで繊細なエナジーは倍増するでしょう。

 

 

優しさに溢れていて、慎重派。

 

 

基本ゆっくりさんなので
ここぞという時、

スピーディな決断力を求められるのは
苦手かもしれません。

 

 

スピーディなことは苦手なのに、
ハート数に「5」を持っているので

底知れぬ自由を求めていて、
時には大胆に振る舞ってみせることも。

 

 

ひょっとしたら、いつもお騒がせだけど決断の早いトランプさんのことを、ちょっとだけ羨ましいと思っているかもしれません。(笑)

 

まるで、カウンセラーやセラピストのような質を持つバイデンさん。

 

 

名前に隠された「9」も働いて
とっても人道的で、
弱い立場の方を放ってはおけません。

 

 

皆の話に耳を傾け、地球規模の大きな意味で、みんなが幸せになれる社会を目指しています。

 

 

お2人の今年の運気

お2人の2020年の運気を見てみると、

 

トランプさんは「6」の年。
バイデンさんは「8」の年。

 

 

ざっくり言うと、「6」の年は、安定感はあるが、家族や他者のためにエネルギーを使うような年で、いわば周りに恩返しするような年まわり。責任と義務がキーワードになります。

 

「8」は、ずばり、仕事運抜群、これまでの成果が実る年とされます。達成、成就がキーワード。

 

 

今年の運気を見てみると、バイデンさん、かなり後押しされている感ありますね❣️

 

さらに、
選挙が行われる2020年11月は、

 

 

トランプさんは、「8」の月。
バイデンさんは、「1」の月。

 

 

簡単に読み解くと

トランプさんの今年の11月の運気は、達成に後押しされる時。責任を担うつもりで、もうひと頑張りしていこうっていう感じです。

バイデンさんの今年の11月の運気は、かなりパワフル。目標達成のエナジーに溢れ、英雄のようになれる月。選挙戦を戦うには、またとないタイミングにも思えます。

 

両者、なかなかの数をお持ちですので、エリア別の支持率がせっているのもうなずけるな〜という感じです。

 

運気のタイミングがバッチリという意味では、バイデンさんが優っているように思います。

さぁ、このチャンスをものに出来るかな❓❗️

 

 

ひとりごと

ちなみに、10月の運気は、トランプさん、体調思わしくない感じなんですが、やっぱろコロナにかかってしまいましたね。

逆に、バイデンさんは、9月が怒涛に忙しく、10月は仕上げにかかる時期といった感じ。

 

 

さぁ、トランプvsバイデン????????。

これから、どんな選挙戦を繰り広げていくのか❓

とっても楽しみです。

 

 

数秘で見えてくる、お二人の世界はいかがでしたか❓

結構おもしろいですよね。

 

意外〜❓なんて思えることも
あったかもしれませんね。

 

 

この選挙戦、ある意味、アメリカ国民の意識変化が大きなカギを握るかもしれません。

 

 

日本国民にとっても、対岸の火事ではないこの選挙戦。

関心を持って見守りたいものですね✨。

 

 

 

 

 

また、書きますね〜✨