✨ひーくんのお話✨vol.3✨みんな違ってみんないい?そんな風に思えない日々✨

発達障害

前回のつづきです。
(前回の投稿は、カテゴリー
発達障害✨をチェック)

認めたくない気持ち。。

検診後、

勧められた
発達の遅れた子たちが通う

ひよこクラス????に
連絡しようとするも、、

気が進まず、????????

なかなか連絡できない日々が
続きました。

どうしても電話出来ない。。

そのうちね。。

そのうち、
言葉が出てくるかも知れないし、、

バイバイ????なんかも
出来るようになるかも知れないし、、

別に、そこに行かなくったって

いいわけだし。。。

どんどん
気持ちはいっぱいいっぱいになり、

重くなっていく。

認めたくなかったんですね。

淡い期待が、
頭の中を泳ぐ。

どうにかやり過ごしたかった。。

行かなくても良くなる理由を
探したかった。

やっと連絡出来た時には、
数ヶ月が過ぎていました。。。

初めての集団活動

やっとの思いで
思い腰を上げ、

ひーくんと2人で
ひよこクラス????に
出かけて行きました。

7、8人の子どもたちと
そのママたちが集まっていました。

こういった集団の場所が
初めてだったひーくん。

表情も硬く

スタートから、、
まぁ大変でした。

まずは玄関に入ろうとしない。

靴は入れずにどこかに投げる。

奇声を出す。(キーーーー????)

パニックをおこす。。。

 

やっと教室に入ったかと思えば、

端っこにいる。

とにかく、すみっこにいる。
無表情で。。

テーブルの下に隠れて、
こちらを伺っている。。

椅子になんか
すわらない。。

(座るわけがない????)

なにも参加する意欲がない。。

最初に、それぞれのペースで遊ぶ
自由遊びがあり、

その後、お歌や
ペープサートなどをやって、

そのあとお菓子を食べて、
さようなら。

とっても子どもが好きそうな
一連のコースでしたが、

ひーくんはどれも
あまり興味を示しませんでした。

どうしても比べてしまう

それはもう、

私にとっては地獄で
とても辛い時間でした。。

 

ひよこクラス????の先生方は
いい方ばかりで
とてもありがたかったですが、

うまく参加出来ない
ひーくんの姿を見るのは

正直、
とても辛かったです。

どうしても
他の子と比べてしまう。

他の子は出来てるのに、

どうしてどうして

ひーくんは
出来ないんだろう❓って

思ってしまう。。

クラスの途中で、
涙が溢れ出てしまった
こともある。。

正直、ひーくんは
どの子よりも酷かった。
(当時の私にはそうとしか
見えなかった。)

私には何も出来ない。
そう思いました。

クラスが終わる頃の
疲労感といったら
なかった。

なんの希望も見出せない
そんな日々が続いた。

みんな違ってみんないい、
そう思えない日々

あの頃は
自分を保つのがやっとだった
ように思う。

ふと気を抜いたら、
涙が溢れてしまいそうだった。

みんな違ってみんないいって
ほんと❓

みんな違ってみんないい。

あの頃は
そんな風には思えなかった。

個性を尊重する、

他人のことは客観的に
理解出来ていたつもりだった。

だけど、

自分の子どものこととなると、
とたんに勝手が違うのだった。

それが、この頃の
リアルだった。

他の子どもたちのことは
客観的に見られるのに。。

みんなと同じでいいから、

お願いだから、
みんなと同じことして欲しい。

そこがスタートラインだと
信じてしまっていた。

そんなことしか考えられず
心の余裕がまったくなかった。

それでも、

わらをも掴む気持ちで
通い続けたのでした。。。

つづく。。。