✨未来の視座から考える”2020年” シフトの意味✨内海昭徳さんによるオンラインお話会✨

とっても素敵な、いや
重要な、と言うべき✨
オンラインのお話会が開催されますので
お知らせしますね❤️

 

 

スポンサーリンク

未来の視座から考える
✨”2020年” シフトの意味✨

 

あめつちpresents????
✨内海昭徳氏による✨
未来の視座から考える”2020年” シフトの意味

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

 

 

内海昭徳さんをお迎えして
5回目のお話会になります。

 

 

以前は、「マトリックス」「君の名は」
「インターステラー」などの映画の読み解き、

そこから発せられる、今必要なメッセージを
丁寧に伝えていただきました。

 

 

毎回、本当に素晴らしい内容、
凄まじい情報量。

 

 

内海さんの語り口が、
知的かつ、とてもわかりやすく
そしてスッと心に入ってくる、

 

毎回、参加していただいた方
みなさん、本当に大満足の会に
なっています。

 

 

こんな時代だからこそ、
創造力を目覚めさせる

コロナ問題をきっかけに、
変化が加速する世界。

 

 

たくさんの変化、体験をした
と言う方も多いはず。

 

 

感染症、経済、金融
世界秩序、気候変動
暮らし、仕事、人生そのもの…

 

 

この先どんな未来が待ち受けているのか、
正確な予測は誰にもできません。

 

 

ですが一方で、
少し視点を変えてみると

 

「未来は予測するものではなく、
創造するもの」

 

そんな捉え方も出来ますよね。

 

 

中今(なかいま)を感じる、
そして、意志発動

『中今』とは、
神道でよく使われる言葉で、

 

「今、この瞬間」のことであり、
過去、現在、未来などの時系列とは、
全く違う概念です。

 

 

私たちが普段生活する時に感じる、
過去、現在、未来。

 

その視点だけを見るのではなく、
『中今』に意識を向けながら
生きてみる。

 

 

そこから選択し、創造するものは
あなたにとって、
実り多いものとなることでしょう。

 

 

この『中今』についても
お話会では、たっぷり伺えると
思います。

 

 

“2020シフト”が変えたもの、
変わっていくもの

本当にさまざまなことが起き続けている
この2020年という年。

 

 

まさに、
大きな転換点です。

 

 

“2020シフト”が変えたもの、

変わっていくものを

 

 

身近なライフスタイルや仕事から、

日本や世界のこと、地球規模、
宇宙規模の話まで

 

 

なんでも自由に、
自在に、語らい、
深めていく会になると思います。

今回は、初オンライン❣️

 

 

顔出しなしも全然OKですので、
是非多くのみなさんに
聞いていただけたらと思います。

 

是非この機会に
参加してみてくださいね❤️

 

 

詳細、お申し込み

2020年 9月6日(日)
13:00〜15:00
休憩後〜16:00(質疑応答)

◉オンライン参加費:¥3,000(税込)
(ZOOMご招待コードは、入金確認後に送らせていただきます。)
◉動画配信希望:¥3,000(税込)

*参加申し込みはこちらから(お申込みとご入金お願いします)
https://resast.jp/events/472984

 

 

内海昭徳氏プロフィール

 

内海昭徳(Akinori Utsumi)

株式会社ロンズデーライト 代表取締役
neten株式会社 客員研究員

筑波大学で国際関係学、京都大学大学院で政治哲学・社会経済学を専攻。9/11テロを機に、人間の根本的な意識進化の必要性を感じ、大学院を中退。未来社会の方向性について独自に探究を続ける中、nTech(認識技術)と出会い、科学と悟りの知恵を融合した人間開発と社会変革に長年取り組む。

2018年、サンフランシスコで開催されたwisdom2.0に日本人初のエントリースピーカーとして登壇。AIを始めとするテクノロジーの進歩と並行して、TransTechや悟りの知恵の社会実装ニーズの高まりを予見。

個人、組織、経営者向けのコンサルティングや、様々なテーマでの研修、ワークショップなどを展開している。

「自分と自分の宇宙は実在しない」と題したYou Tube動画シリーズは、日・英・韓国語で50万再生を超える。

著書:『新世界への航路』『みんなの夢がかなうハイパーコネクション都市』(共著:大川知之)