数秘術「6」の相性について

カバラ 数秘術_誕生数6相性数秘術

相性がいいのはだれ?
数秘6のあなたと気になる相手との相性について
誕生数(運命数)別に簡単なポイントと
アドバイスをまとめてみました。

スポンサーリンク

気になっちゃう相性

相性というと、
知りたーーい❣️と前のめり、
の方もいれば、

良い、悪い、が付きまとって
なんだか。。。聞きたいような、
聞きたくないような、、
なんて方もいたりいろいろ。

でも、
やっぱり気になっちゃうのも相性。

 

相手を知ることで人生を豊かに

わたしは、相性って、
あってないようなものだと思っています。

相性で一喜一憂するのも、
それはそれで楽しいんですけどね、

その先にある、お互いが
どうやったら仲良くできるかな❓
とか、

相手をもっと知る上での
コミュニケーションツールに
なってくれれば
もっと人生、面白くなると思うんです。

そのためにぜひ
数秘術を使って欲しいなって思います。

 

もちろん無理に仲良くなる必要もないですし、
相手の特徴をつかめば、

苦手な人を、よりスマートに
スルーできるかもしれないですし、(笑)

苦手な上司とのコミュニケーションも
変わってくるかもしれませんよね。

 

ということで、

 

今回は ナンバー「6」からはじまる
相性の世界。
について書いてきますね。

 

誕生数(運命数)「6」の特徴は、
以前の記事でチェックしてくださいね。

 

6と1の相性

✨プラス面

「6」と「1」は、「1」の独自性や情熱に、「6」の絶妙なバランス感覚が加わることで、良好な間柄になります。

マイナス面や✨アドバイス

「6」も「1」もそれぞれに、こだわりと頑固さのようなものがあるので、それらに対して、お互いに思いやることができるとスムーズです。「6」は「1」から、既成概念に囚われない個性のようなものを感じ、「1」は「6」のバランス感覚を感じてみると良いですね。

 

6と2の相性

✨プラス面

「6」と「2」は、とても良い組み合わせです。穏やかで調和に満ちている関係性。ロマンチックな時間が過ごせる間柄です。波長が合うでしょう。

マイナス面や✨アドバイス

お互いに波風を立てることが得意ではないので、雰囲気に任せて本音を言うタイミングを逃すかもしれません。「2」は言いたいことは必ず伝える、「6」は「2」をコントロールしないようにすると良いでしょう。

 

6と3の相性

✨プラス面

「6」と「3」は、とても良い組み合わせです。お互いに美しいものが好きだったり、社交的なことが大好きなので、穏やかに過ごせる間柄です。「6」は「3」に母性本能をくすぐられ、「3」は「6」に安心感を感じる関係性です。夫婦関係にも良いです。

マイナス面や✨アドバイス

「6」は「3」に対して、支配的にならないように気をつけ、「3」は自由すぎたり、軽はずみな言動が「6」を傷つけないようにすれば、何も問題はありません。

 

6と4の相性

✨プラス面

「6」と「4」は、とても良い組み合わせです。夫婦関係にも良い間柄で、「4」が良き父、「6」が良き母になるような関係性。お互いに安定感を大事にし、育み、守るということが得意なので、お互いの存在がしっくりくるでしょう。

マイナス面や✨アドバイス

「6」も「4」も、安定したことを望むため、マンネリ化しやすいです。適度な刺激を生活に取り入れたり、全く違うタイプの友人を交えて遊ぶのも良いでしょう。

 

6と5の相性

✨プラス面

「6」と「5」は、「6」の美的センスや雰囲気を、「5」がパワーアップさせて、外に向かって発信させていくような関係です。お互いに優雅さのような共通点もあり、惹かれ合うでしょう。

マイナス面や✨アドバイス

「6」は「5」を束縛しないように心がけること。「5」は自由すぎる態度に、「6」が不安を感じないように配慮してあげると、よいバランスが保てます。

 

6と6の相性

✨プラス面

「6」と「6」は、同じ特徴をもつ者同志なので、愛情豊かで、安全安心が漂う穏やかな間柄です。争いを好まず、優しさに溢れた環境を作り出すことが出来ます。

マイナス面や✨アドバイス

似ているだけに、気になることがあると、お互い鏡を見ているように、たくさんのことが映し出されるかも知れません。自分の問題点を相手に投影しがちなので、気をつけましょう。

 

6と7の相性

✨プラス面

「6」と「7」は、感性の違いを生かして、それぞれのよい部分を認め合うことで、お互いまだ見ぬ景色を模索する間柄です。違う方向性をどう融合させられるか、面白い関係性です。

マイナス面や✨アドバイス

「6」は家庭的で愛情たっぷりのスタイルで、感性を大切にします。「7」は、感性に流されることをよしとせず、思索することを大切にします。その観点の違いから、すれ違いが生まれる可能性は大きいので、意識的にコミュニケーションをとるとよいです。

 

6と8の相性

✨プラス面

「6」と「8」は、とてもよいチームワークを生み出す間柄です。仕事でもプライベートでもうまくやっていけるでしょう。「8」がリードする形で、「6」はサポート役で活躍します。とても居心地のよい雰囲気を作り上げることができる関係です。

マイナス面や✨アドバイス

「6」は「8」に必要以上に頼りすぎないこと、「8」は自分のやりたい事に夢中になりすぎて「6」に寂しい思いをさせないことで、よりよい関係が保てます。

 

6と9の相性

✨プラス面

とてもよい間柄です。感性がぴったりと合うので、とても親密で共鳴する関係性を築くことができるでしょう。結婚や恋愛にも発展しやすい組み合わせ。

マイナス面や✨アドバイス

「6」は家庭的な平和、自分の居場所や目に見える仲間に重きをおきますが、「9」はもっと広い視野、世界規模の平和などに興味を持ちます。この視点を理解して、「6」は「9」に地に足をつけることを与え、「9」は「6」に自分の世界を理解してもらうこと、誤解からくる嫉妬を招かないことが大切です。

 

6と11の相性

✨プラス面

「6」と「11」は、お互いの特徴を補い合える間柄です。「6」が放つ愛や奉仕のエネルギーを「11」がさらに大いなる視点へと融合させて、発信します。

マイナス面や✨アドバイス

「11」が「6」のもう出来上がった愛のバランスに、窮屈さを覚えるかも知れません。そうなったら、少し距離をおいて、お互いの理想の違いをきちんと話し合うことが必要です。

 

6と22の相性

✨プラス面

とてもよい間柄です。「6」の美と調和のエッセンスを「22」はしっかりと喜んで受け取り、発展させます。豊かさも深まり、精神面でも安定できる関係性です。夫婦関係にも適した組み合わせです。

マイナス面や✨アドバイス

もし、価値観の違いでぶつかったとしたら、「22」の大きな視点で包み込み、「6」が安心できるようなシステムを作り出してあげるとよいでしょう。

 

6と33の相性

✨プラス面

「6」と「33」は基本的には似ているので、相性はよいです。「6」の愛や理想を「33」が様々な視点で増幅させていくような、楽しい間柄です。

マイナス面や✨アドバイス

基本的には同じトーンで過ごせる「6」と「33」。「33」が宇宙的視野に引っ張られすぎた時は、「6」が地に足をつけてあげるとよいですね。

 

6と44の相性

✨プラス面

「6」と「44」は、よい間柄です。「6」は「44」に頼もしさと豊かさを感じますし、「44」は「6」の愛情深く、家庭的な所にホッとできるでしょう。

マイナス面や✨アドバイス

「6」は、「44」をコントロールしようとしないこと。「44」は「6」の価値観を否定しないことで、良好なバランスを作り出すことが出来ます。

 

誕生数(運命数)の計算方法

例:1982.12.21の場合
①生年月日を西暦に直します。
②一桁になるまで足す。
(1+9+8+2+1+2+2+1=26=2+6=8)
③二桁になった時、ゾロ目の11,22,33,44が出た場合は
それを採用します。

 

数秘7の相性はこちらから

 

それぞれの誕生数(運命数)と相性についてはまとめのページから

 

  

もっと詳しく知りたい方にカバラ数秘術を元にしたオリジナルの数秘術オンラインセッションもおこなっています。 数秘術を基本に、占星術やことたま、スピリチュアリズムなど、多角的な視点からアドバイスしています。
数秘術数秘相性1-44
スポンサーリンク
シェアする
ritsuをフォローする
あるこっこ
タイトルとURLをコピーしました